ヴィトックスαの増大効果について解説

ペニス増大サプリの中でもヴィトックスαは、成分バランスを考えて作られている製品として知られています。1日1回1カプセルを空腹時に服用するだけで良いという手軽さから、多くの男性に支持されています。ヴィトックスαがなぜ高い増大効果を期待できるのか、知った上で服用すればペニス増大効果を最大に引き出すことが出来るはずです。

 

ヴィトックスαの主成分はL-シトルリン

ヴィトックスαは、L-シトルリンによる血管拡張作用とL-アルギニンによる成長ホルモン分泌促進作用を主成分としたペニス増大サプリです。ペニスが勃起する時には、多くの血管が集まって構成されているペニス内の海綿体に大量の血液が流入することでペニス自体が硬くそそりたちます。L-シトルリンの配合量が多いヴィトックスαならば、血管拡張作用により流入可能な血液量を増やすことが出来るので、血管が伸びて拡張するほどペニスサイズは大きくなるわけです。

 

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、勃起により拡張しようとする血管に対しても作用するので、徐々に血管細胞を分裂させる作用をもたらします。

 

補助成分として100種類以上をバランス良く配合

ペニス増大サプリを長期間継続して服用することで、ペニス増大効果が得られる背景として、血管拡張作用は長期間に渡る勃起状態維持により血管拡張が常態化することでもたらされます。

 

血管拡張が継続すると、破裂してしまわないかと心配しがちですが、伸縮性と柔軟性は動脈硬化が進んでいる人以外は想像以上に伸びるので、勃起状態が長いほど大きくなった状態に慣れてしまいます。加えて血管細胞分裂により血管そのものが更に拡張出来るようになるため、半勃起以上の状態を長時間続けた方がペニス増大効果を得やすいわけです。

 

ヴィトックスαには、精力剤としての補助成分が100種類以上もバランス良く配合されているので、馬の睾丸やマムシといった動物性精力剤だけでなく、マカやトンカットアリといった植物性精力剤も含まれています。精力剤が長時間作用することで、ペニスの最大値を引き上げることになります。

 

3つの効果が複合的に作用してペニス増大効果を引き出す

ヴィトックスαは、L-シトルリンによる血管拡張作用とL-アルギニンによる成長ホルモン分泌促進作用に加えて、100種類以上の精力剤により長時間の勃起状態を維持出来ます。ペニス増大に必要な勃起状態は、半勃起程度でも十分とされているので、ペニス周辺の血行促進効果が得られれば十分な成果に繋がります。

 

ヴィトックスαを服用するタイミングとして最も適しているのは、安定してペニス増大効果を得るためには夕食後1時間以上経過し、就寝1〜2時間前程度が良いとされています。

 

なぜなら、空腹時の方がカプセル内の有効成分吸収率が高まることと、成長ホルモンは真夜中に体内で多く分泌されるので、就寝時には体内でカプセルが溶けて有効成分の吸収が始まっている状態が望ましいからです。